イメージでつかむ

01.右上がりの直線

graph01

右上がりの直線で描かれるグラフです。

これは、「1次関数」のグラフです。

式であらわすとこうなります。
(横軸をX、縦軸をYとします。)

   Y=aX+b

「a」(傾き)や「b」(切片)は、数値(定数)であることをあらわしています。

右上がりの直線のグラフの場合、「a」の値はプラスになります。

使用例 「供給曲線」

右上がりの直線のグラフの例としては、「供給曲線」があります。

graph01b

これは、「価格が高くなるほど、売りたいと思う数量(供給量)が多くなる」ことをあらわしています。

  • 価格↑ → 供給量↑

そしてこのことは、「価格が低くなるほど、売りたいと思う数量(供給量)は少なくなる」ことも意味しています。

  • 価格↓ → 供給量↓

このように、ある事柄と別の事柄の増減(矢印の向き)がそろっているグラフのことを、「増加関数」ともいいます。

→ 右下がりの直線

LINK

大学レベルへの橋渡し 無料テキストなど 動画でまなぶ テキスト販売

神林邦明
プロフィール

PAGETOP
Copyright © 経済劇場 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.